ワードプレスをバックアップするためのオススメプラグイン WordPress Backup to Dropbox

ワードプレスをバックアップするためのオススメプラグイン WordPress Backup to Dropbox

こんにちは河村です。

 

最近の事ですが、
ワードプレスを導入してからバックアップをしておかないとと思いプラグインを導入しました。

 

いろいろなプラグインがある中、僕が選んだのが

WordPress Backup to Dropbox

というプラグインです。

 

dropboxという言葉がある通り
僕自身このオンラインストレージを使っているので
自動で同期されるならこれがいい!と思った次第です。

 

もちろんWordPress Backup to Dropboxを使うためにはドロップボックスのアカウントが必要なので
dropboxのアカウントを持っていないのならこの機会に作っておくべきです。

dropboxは無料版と有料版がありますが無料版でも全然問題ありません。

 

WordPress Backup to Dropboxの特徴

バックアップのプラグインはたくさんありますが、
このWordPress Backup to Dropboxでは
サイト全てのバックアップとデータベースだけをバックアップすることが出来ます。

 

バックアップ自体はdropboxと同期しておくだけで
指定時間に自動で行われるので手間はかかりません。

バックアップの同期には時間がかかるので
なるべく作業をしていない時間帯に実行するようにしましょう。

設定さえ済ませておくだけで
後は勝手にバックアップされますから万が一の時にも安心ですよ。

 

WordPress Backup to Dropboxのインストール

まずはワードプレスの管理画面にログインし
プラグインの新規追加からWordPress Backup to Dropboxと入力し検索します。

 

拡大すると

 

【いますぐインストール】をクリック

 

【プラグインを有効化】をクリック

 

これでインストールが完了しました。

 

流れとしては

WordPress管理画面⇒プラグイン⇒新規追加⇒「WordPress Backup to Dropbox」で検索⇒いますぐインストール⇒プラグインを有効化

これでOKです。

 

WordPress Backup to Dropboxのインストール方法と使い方

WordPress Backup to Dropboxをインストールしたら設定に移ります。

WordPress Backup to Dropboxのプラグイン管理画面は以下に表示されます。

 

Authorizeをクリックします。

 

 

dropboxのメールアドレスとパスワードがあればそのままログインします。

 

無い場合はdropboxのアカウントを作成します。
https://www.dropbox.com/

 

ログイン出来たらこのような画面になりますので
このまま許可をクリックします。

 

これでWordPress Backup to DropboxDropboxの連携に成功しました。

 

バックアップを実行する時間帯や保存先のフォルダを指定していきます。

指定したら下の方にあるSave Changesをクリックして完了です。

 

バックアップ中はバックアップの進行状況を確認することが出来ます。

バックアップの同期は時間がかかりますので
できれば作業時間外に行ってください。

 

以上でWordPress Backup to Dropboxのインストール方法と使い方を終わります。

 

バックアップの件で失敗したという事は今まで無いですが、
もしかしたらこの先何があるかわかりません。

ワードプレスのサイト全体のデータと
データベースをバックアップしておけば、もしもの時にも安心だと思います。

しかもdropboxというweb上での保管場所なので
ハードディスクの用に故障や紛失の心配もありませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください