そもそもアフィリエイトってうさんくさいんだけど一体何なの?

河村です。

 

アフィリエイトって言葉は
ここ最近では随分と浸透したようにも思えますが
実際はまだまだ知らない人が多いのではないでしょうか?

 

そもそもアフィリエイトって言うのは英語に直すと
「提携する」という意味になります。

 

簡単な話、広告代理店です。

 

商品やサービスをあなたが代わりに紹介してあげるんです。

インターネット上の場合ですと
あなたが持っている自分のブログやサイトで商品やサービスを紹介する事になります。

商品が売れればその売り上げの一部が
あなたの手元に入ってくる仕組みです。

 

私たち個人の場合のメリットとしては
手軽に始められるということ、
そして何より初期投資が圧倒的にかからないという事です。

更に労働報酬では無く
ほとんどが成果報酬なので高額な利益を手に入れられる可能性があるのです。

 

そして企業側にとっては
広告費をCMや雑誌などのメディアに掲載するよりも遥かに安く広告を打てるのです。

 

はっきりいって企業側にとっては
CMにとんでもない金額を支払い全属性の人間に向けて発信するよりも
アフィリエイターに宣伝をお願いしたほうが広告費が安く済むのです。

それは商品が売れたら広告費を払えば良いのですから
費用対効果が圧倒的に優れているのは言うまでもないでしょう。

 

企業側にとっては宣伝のお金を気にしないで広告が打てますし
私たち個人がアフィリエイトをする場合も
初期投資がかからないし商品を仕入れる必要もないのです。

またパソコン一つあれば場所を選ばず仕事が出来ますので
副業にも最適と言えるでしょう。

 

このように企業と個人がお互いにwin-winな関係にがあるのが
アフィリエイトというビジネスモデルなのです。

 

以上、河村でした。

 

ps
アフィリがうさんくさいって?
あのYahooだって大々的にアフィリしてますよ。
成果報酬じゃないにしても広告収入を得ているんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.